【留学】英語でタクシーを呼ぶには?【カナダ】

Good evening, everyone!
東所沢にある、English Studio QUILT/英語スタジオ・キルト代表のYuriです。

Look what I got!

thx! なっちゃん💛

おともだちのネイリスト・なっちゃんにQUILTネイルやってもらいました!
なっちゃんはいつも、私からの無理難題に応えてくれるのです♪
土曜日のイベントに向けて、士気が高まっております( `ー´)ノ


さて、今週も【Yuri☆留学記:高校CANADA編】をお届けします!
まだ読んでいない方はこちらから↓シリーズです。どうぞ
6/12『「アイデンティティー」「個性」はどこにある?』
6/19『無知の旅、始まる!』
6/26『For here or to go?』
7/3『「鬼ごっこ」って英語でなんて言う?』
7/10『「ストライキ」ってなに?』

さ、、前回も書きましたが、ストライキでバスが動いておりません。
公共交通機関が無いんです。
朝のバスを乗り過ごすとアウトです。はい💦

なるべく乗り過ごさないように生活はしていましたが、、、
当時のバスの運転手さん!情け容赦なくすぐ行ってしまうんです!停車予定時間の前でも!おそるべし!
というか、時間ぴったりに来る、ってやっぱり「ジャパン・クオリティ」と思います💡
(遅れても良いけど、早くは行かないで~~~)

道でタクシーをつかまえたいんだけど、なかなか「空車」のタクシーは走ってないんですよ。
(「空車」や「迎車」みたいなサインは、日本みたいに無いです。)
おそらく観光地なんかでは、つかまえられるだろうけど、住宅地なので、ほぼ不可能です。

で、ある日、ホストマザーのターニャが電話でタクシーを呼んでいる場面を目撃したのです。
ここぞとばかりに!覚えて、自分でもタクシーを呼べるようにしよう!とそのセリフを耳に焼き付けました。

【今日のフレーズ】
”Can I get a taxi? 5764 ○○ Street.”
(タクシーをお願いします。○○通り5764番地です。)

はい、めっちゃシンプルですね。まあ、ママはネイティブスピーカーじゃない、という理由もありますが、とてもシンプルな英語で大丈夫です。
で、電話の受け手もきっとネイティブスピーカーではないので(移民がたくさんなので)シンプルの方が通じやすいですね。

例えば”I need a taxi.”とか、”I’d like a taxi.” 
でもシンプルで良いと思います。

番地は、数字をそのまま言えばOK!
5764
five-seven-six-four(ファイヴ、セヴン、シックス、フォー)
↑これ実際に私が言いまくっていた番地。今でも覚えている住所😀
そして、何度もかけたので、タクシー会社の電話番号も覚えました😀

さあ、私、この【今日のフレーズ】を使って何度タクシーを呼んだことか。最初はドキドキしていましたが、これだけ短い文なので、すぐ慣れました。
むしろ、電話先の向こうは「はい、○○交通です。」みたいなことしか言わないので。フリートークみたいなものは不要です。

タクシーで20~30分くらいだったかな。値段にすると$20位だったと思います。そして、チップが必要だったので、チップの計算も得意になりました。(チップの話はまた後日😉)


でも、当たり前ですが、高校生なのでこんなに何回もタクシーに乗れるほどリッチではありません。お金が底をつき、しまいには歩いて学校まで行ってました。およそ1時間半くらいだったかなー・・・。
普通に授業に遅刻するという。。
ただ、恐ろしいことに当時の私は授業に遅れることなど、恥ずかしいともなんとも思ってなかったので(オイ)

“I’m sorry. I’m late”(すみませーん、遅刻しました~。)と言って、毎回クラスルームに入っていました。
↑このフレーズ、一番言ったかもしれない。。。

で、大体先生が「なぜ遅刻したの?」と。
私、悪びれもせず「バスに乗り遅れたからでーす」と。
先生「今度から気をつけてね~」
私「はーい」
で終了してました。
ストライキだからしょうがないね、みたいな空気はあったと思います。

↑上の会話、おそらく日本人皆さんになじみのない、面白い言い回しがあったので、次回ご紹介します。

こうしてYuriは、何度も遅刻をして、遅刻常習犯になるのです。
そして、このあと、遅刻常習犯に待つ恐ろしい運命とは。。。

次回に続く。

2+

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

【留学】英語でタクシーを呼ぶには?【カナダ】” に対して2件のコメントがあります。

  1. 関根利和 より:

    次回、楽しみです^_^

    0
    1. quilt2019 より:

      Thank u very much!

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA