目標設定はスマート(SMART)に!

Good evening, everyone🌉
東所沢にある、English Studio QUILT/英語スタジオ・キルト代表のYuriです。

新年だもの。今年の目標、夢、などなど、みなさん考えているのではないでしょうか。
(人間だもの、みたいに言っちゃった)

今週キルトでは

”My Goals for 2020”

2020年の目標
を、みんなで考えています。

目標設定をするとき、大切にしたいポイントがあります。

それは SMARTの法則

大人の皆さんはもうご存知の方もいらっしゃると思います。
私はたしか、大学か大学院の時に知りました。

こういう基本的なフレームワークというか、常識というか、こんなこと、もっと早く知っておいたらいいと思うんですよね。。。
少し難しい内容もあると思います。十分に理解できなかったとしても、エッセンスとしてだけでも、子どもの頃に知っていたらどれだけ良かったか。。。

ということで、私が関わる子どもたちには、なるべくこういうことをシェアしていこうと思っています。

前置き長くなってしまいましたが。SMARTの法則はこちら

小学校低学年にもわかりやすい言葉にするのが、なかなか難しい。。。

大人向けの説明はこちら⇩


Specific
(具体的な)
誰が読んでもわかる、明確で具体的な表現や言葉で書く

Measurable
(測定可能な)
目標の達成度合いが本人にも他者にも判断できるよう、内容を定量化する

Achievable
(達成可能な)
願望ではなく、その目標が達成可能、かつ現実的かどうかを確認する

Related/Relevant
(関連した)
設定した目標が成し遂げたいこと、その先の大きな目標に関連する内容になっているかを確認する

Time-bound
(時間制約がある)
いつまでに目標を達成するか、その期限を設定する

まあ、少し内容が違うSMARTの法則もあるみたいですが、私が教わったのはこれでした。

常々言ってますが、これが万能かというと、そういうことではなく。
あくまでも、目標を設定する際に考えるといいよ~というポイントです。

どんなに完璧な「SMART」に沿った目標を作ったとしても、それを叶えなければ、本末転倒でありますので。。。

あとは、ゴールとアクション(目標と行動計画)の区別は未だついていない子もいるのですが。。。。
たとえば、目標が「毎日ピアノを練習する」になっているとかね。。。

あとは、「○○ちゃんが△△しますように」というのを書いた子がいて、他人をどうこうできないんだよ、それは目標じゃなくて願望だよ。という話をしていたり😆

今回は、難しいことはとりあえず置いておき。
漠然と日々、言われたことをやって過ごすよりは、自ら成し遂げたいことを決め、意識しながら生活する方がよっぽど良いと思います。
ので、今回はそんな、前向きなマインドセットを持ってもらうため、目標設定を行いました!

目標何個でも立てていいけど、必ず一つは英語に関係する目標にしてね~というルールでした。

私もまだ、新年の決意しかしていないので
(詳しくは、おとといの記事を!)

みんなと一緒に目標考えようかな~と思ってはいます。
(まだしていません💦)

みなさんも、もし今年の目標を設定していたら、ぜひぜひ教えてくださ~い!

それではまた。See you soon!

Yuri

[temp id=2]

0

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA