【留学】無知の旅、始まる!【カナダ】

Good evening, everyone!
東所沢にある、English Studio QUILT/英語スタジオ・キルト
代表のYuriです。

今週も水曜は、自身の体験談をお話します!
先週・水曜のブログの続きです。

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ↓

6/12『「アイデンティティー」「個性」はどこにある?』

さて、AIR CANADAに乗って、朝10:00頃、バンクーバー国際空港に到着した15歳のユリ。
「到着ターミナルを出たら、ホストファミリーが ”WELCOME!” のプレートを持って待っているからね。」と事前に留学エージェントの方に教えてもらっていたので、どんな人なのか、ワクワクしていた。

事前にもらった家族構成。
ママの名前は【Tatjana(Tanya)/ターニャ】
10歳の長女【Bojana/ボヤナ】
6歳の長男【Bogdan/ボグダン】
ジャーマンシェパード(犬)の【Night/ナイト】
パパはインドネシアに単身赴任中。

名前が珍しいのは、パパ・ママがユーゴスラビア出身のため。

どんなママなんだろう。どんな姉弟なんだろう。。。

Reference


とても楽しみに入国審査を済ませ、到着ターミナルに向かおうとする。

最後の出口を出る時、パースポートを係の人に見せなきゃいけないのだけど、なぜか、係の人に”NO”と言われる💦
なんか色々言っているけど、なんて言っているのかよくわからない。。。


もう一度、違う担当の人のところに行ってみる。
また言われた。。 ”NO”💦
よくよく聞いてみると、なにやら「イミグレーション」と言っている。。。

(イミグレーションってなに?)

しばらく歩いて、親切そうな空港のお姉さんに、パスパートを出してもう一度聞いてみた。
パスポートに付いている紙に書いてある ”immigration” の文字を指さして何やら言っている!

”You need to go to the immigration office to get your student visa … ”
(学生ビザを取らないといけないから、まずは入国審査オフィスに行ってね。)


↑今考えると、こんなようなことを言っていたのだと思われます💦。


イミグレーション!!また!


当時持っていた、テレホンカードサイズの電子辞書で調べてみる。。。

【immigration:移民】

「い?みん?」 

意味が分からず。。
呆然と空港の中を歩き続けること1時間半。。。
”immigration”の文字だけを頼りに、そして、空港のあらゆる人に声をかけ、やっとたどり着いたイミグレーション・オフィス。

歩き続けて疲れ果てて、もう一生ここから出られないのかと思うほどの体験でした。
トム・ハンクス主演の『ターミナル』という映画を見ると切ない気持ちになります。

今考えると、そんな知識も持たずに行ったのかよ!って感じですが。。

反省1:空港に到着したら何をしなければいけないのか、事前に確認しよう!
反省2:電子辞書は解説がきちんと載っているものを選ぼう!

みなさん、事前準備は大切です。

それでもこのご時世、スマホがあるから事前に調べなくても、そこはクリアですね!

google 翻訳できっとすぐにわかっただろう。

【immigration = 入国審査】 だと。。。

はあーー。
それでもこんだけ無鉄砲でも留学できたのだから、みなさん、たとえ英語が話せなくても、無知でも!いつでも、留学できますよ!

無知は罪なり。
でも、土壇場では、無知より強いものはなし!

さあ、入国審査が終わって、無事ホストファミリーに会えたのでしょうか??!

次回へ続く

1+

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

【留学】無知の旅、始まる!【カナダ】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA