英語が話せるということ。それは表情が豊かだということ。

Good evening, everyone😊I’m Yuri🙋
こんばんは。英語スタジオ・キルトのYuri です。

台風来てますね💦皆さんのところでは、雨風など大丈夫でしょうか。
被害が少しでも小さく済みますように。

それにしても、本当に真夏にもどった暑さと湿気でしたね。
今日は久しぶりに身体を動かして、爽快です

さてさて、谷川俊太郎の「生きる」みたいな感じでタイトル書いてしまいましたが😀

生きているということ。それは人と話すということ。
色んな国の人とコミュニケーションを取るということ~
それは英語~すべての美しい心に出合うこと~

↑それっぽくないですか😀?

さて、金曜にお届けした、ディーン氏。の英語。
一部、ネットなどで、彼の歌の英語の発音!ひどい!とかバッシングされてて。。💦
そうなのかな~?と思って色んな曲聞いてたんですよ。

最初、たしかにあれ?と思う歌があったんですけど。あれね。おそらく曲調のせいなのではないかと。。彼の曲って、彼が作詞作曲してるんですけど(にわかで詳しくなっている😀)
曲に対しての英語の歌詞の割り当て方?音の伸ばし方などが、いわゆる既存のよくある洋楽と違うから、なんだと思いました💡そういう意味で?それが変だよ!って人もいるのかもしれませんが、真似じゃない、オリジナリティーはすてきですよね。

そしてなにより!彼が英語話している時の姿、見たことありますか?

うける!おディーン様と呼ばれているのね。

彼って、DNA的にはいわゆる「日本人」なんだろうけど、話し方、そして、特に表情!日本人じゃない!!!
笑顔!の時の口の開き方、眉毛が上がって目を見開くところ、日本人じゃないなあ~って。これ見るとよくわかります。

※あくまでもイメージです(画伯談)

あと、声の出し方もそうですね。以前この話したと思うんですが
(「顔ヨガにも負けない!英語で顔痩せ!リフトアップ!」をチェケラ)
お腹から声が出てます💡(良い声だよね😊)

これがたとえ、演技だとしても(もしそんなことを言う人がいるのならね)
それを徹底しているってすごいよねえ!

だからね、良く思うんですけど。日本人って英語の知識は十分備えているはずなんですよね。
問題はどちらかというと、マインドなのではなかろうか。。

真似するって大事だよね。恥の文化の日本人、恥を捨てましょう!

安心して、恥がかける場所、失敗しても大丈夫な場所、それがキルトです✨
ぜひ、いつでも遊びに来てくださいね!
You’re always welcome!

Yuri

[temp id=2]

0

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA