次回に活かせ!TOEIC Speaking & Writing (S&W)受験してきました!レビュー【後編②】

Good evening, everyone🌉
東所沢にある、English Studio QUILT/英語スタジオ・キルト代表のYuriです。

It’s Wednesday!ですね。でも、わたくし、間違えて昨日水曜日だと思ってました💦
インスタグラムに #wellnesswednesday とか投稿してたし💦

詳しくはこちら→ 英語スタジオ・キルトのインスタグラム 
ぜひフォローしてね♪

本日は水曜ですが、忘れないうちにTOEIC Speaking & Writing公開テストの受験レビューを書きます!

次回に活かせ!TOEIC Speakng & Writing (S&W)受験してきました!レビュー【前編】
次回に活かせ!TOEIC Speakng & Writing (S&W)受験してきました!レビュー【後編①】

の続きです。

今後に活きれば!と TOEIC Speaking & Writing公開テスト 受験メモを残しておきます。

20分のSpeaking Testが終わりました。

次はWritingです。


Writing Testは全部で8問、計60分です。

1. 写真描写問題

与えられた2つの単語を使って、写真の内容に合う一文を作成する問題。
全部で5問、合計8分で完成させる。制限時間中は、その5問すべて見ることができるので、いったん前から順番に文を作って、後で見返すことも可能✨

と、今ここで気づいたけど、時間が余ったから、1文でなくて、2文にしてたものもあったかも💦「写真の内容に合う一文を作成」って言ってるけど。。。2文の場合って、採点はどうなってしまうんだろうか。。。

たとえば、こんな写真が出てきます。
(Speaking Testにもあった「写真描写問題」と同じような写真、TOEIC L&RのPart 1のような写真を想像してね。)

こんな日本的なデスクはさすがに出てこないけどね😀

で、写真の下に二つの単語がある⇩

 man, chair

The men are sitting on the chairs and talking with each other. 

みたいな感じで文を作る。
出てきた単語は、単数/複数形を変更したり、時制を変更するのは、もちろんOK。
ここでは「文法」と「 写真と文章の関連性」が評価のポイントらしいので、文法に気をつけて書きましょう✍

2.Eメール作成問題

25~50語程度のメールを読んで、返信メールを作成する問題。
合計2問で、各問10分与えられています。

英文メールのテンプレート/雛型というか、典型的に使われるフレーズなどは事前に確認しておくと良いですね。

例えば冒頭では

Dear Sir or Madam,
To whom it may concern, 
「ご担当者様」的な出だしや

相手の名前がわかる場合は
Dear 〇〇
から文をスタートさせるのが一般的ですね。

ここでは、想像力を使わないといけない問題だったため、ちょっと考えちゃいました。
そして、話を膨らませすぎて、文章作成が止められなくなり、あやうく時間切れになりそうでした💦(多分本当はそんなに量は書かなくて良いのだと思います。)


ちょっと記憶が怪しいのですが、お伝えできる範囲で。
1つ目の問題では「相手からのリクエストに対して、2つ情報を与えろ」ということ
2つ目の問題では「相手へ1つ質問しろ」ということ

が課せられたと記憶しています。
なので、きちんとメールの内容を(というか大筋は)理解しないとできないです。
そして、多少なりともビジネスメール作成の経験が無いと、難しいかもしれません。
(学生さんらしき受験者が多かったんですが、彼らにとっては結構難しい内容かも!)

ここで、わたくし、どうしてもShakespeare(シェイクスピア)という単語を使いたくて、文に入れたのですが、いかんせん、スペルがわからなかった。。。。
多分間違えてたと思います。でも、伝わるだろう💦

3. 意見を記述する問題

最後の問題です。” Write an opinion essay” です。時間は30分。
Essay(エッセイ)というくらいなので、高校、大学、大学院と、もう何千とエッセイを書いてきたわたくしにとって、そのころを思い出させるような気合の入りようでした。

でも、題材がこれまた、ビジネスより?社会人向け?の内容だったので、学生さんには結構難しいだろうなあと思いました。
(日本語で理路整然と書くのも難しい感じだもんなあ。私にとっても💦)

よく、Essay Structure「エッセイの構成」を学校でも習うのですが

Introduction(導入)
Body(議論)
Conclusion(結論)

とあり、

イントロの中にはBackground「背景」とThesis Statement「主張」を入れないと、と言われています。なので、冒頭のイントロ部分で、はりきってそれっぽく「背景」をたくさん書いちゃいました😀💦

Bodyの部分は、Thesis Statementを裏付けるアイデアを3つ(いくつでもいいんだけど、今回のテストではインストラクションに「3つ書け」とありました💦)書き、それぞれ具体例などを用います。

最後のConclusionには、まとめ、とThesis Statementを繰り返し、最後に展望的なことを書いて終わります。(展望でもいいし、別の議論の話でもいいし、とりあえず、最後は広げて終わる。)

もう、ここ数年、ぜーーーーーんぜん、Essayなんて書いてなかったけど
は!!と今まで習ってきたことや、書いた経験なんかを思い出し
「エッセイの神」が降臨していました。

英語の文章って、同じ言い回しや単語を繰り返し使うことを避ける傾向にあるので
「この単語、何回も出てきてるからいやだなあ~」
「この文の言い換え表現として、どう書こうかな~」

とか、すっかり盛り上がってしまいました。

画面右上の、制限時間のカウントダウンを、きちんとチェックしてたんですが、最後の数秒でもまだキーボードを叩く指はフル稼働していました。

最後ギリギリ足したい文章があったので無理やり終わらせたけど、多分、typoあったんではないかな(スペルミス)と思います。。。

そんなこんなで、最初から最後まで大忙し!
はじめての TOEIC Speakng & Writing (S&W) 受験を終えました。

次回は、もうちょっと対策してからのぞもう!と思います!(←当たり前ね)

それではみなさん、have a good night!
キルトに来ているみんなも風邪気味の子が多いので、みなさまも take care!

Yuri

[temp id=2]

0

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA