ざわざわ英語 in 日本のドラマ「声が聞けて嬉しいよ」

Good evening, everyone☕
English Studio QUILT/英語スタジオ・キルトのYuriです。

ご無沙汰しちゃってました💦
本日はさくっと!先日私が感じた違和感のある英語を皆さんにシェアします!

この間、深夜にテレビをつけていたら、ドラマが放送されてたんですね💡
特に普段から見てるとかではなくて、たまたま流れてたそのドラマ📺
(後から調べたら『地獄のガールフレンド』というドラマだった)

そのドラマのあるシーンで、男の人が(「冴えない男性」という設定💦)英語喋れる!っていうシーンなんだけど

電話で、旧友と話しているシーン
旧友の名は ”Tommy” だから男性。

久しぶりに話すとのことで

Tommy! I’m glad to hear your voice!

と言っているのだ。

日本語にすると「トミー!(久しぶりに)声が聞けて嬉しいよ!」

とのこと。何の違和感も、一見無さそうなんですが。。。

ざわざわ・・・

ざわざわざわざわ、ぞくぞく

と、妙な胸騒ぎが止まらないのです。。💦

これって、あきらかに「久しぶりに声が聞けて嬉しいです」
という日本語を英語にしちゃったんだなあ~と。

多分、この台本書いた人?もしくは助言したであろう専門家?はおそらく英語を表面的にしか理解していないのだろうと、推測できる💡

ネットで調べると ”I’m glad to hear your voice.” は、普通に英語フレーズとして出てくるのだが、
だがしかし!なのだよ。
これ、男友達同士で言ってたら、ものすーーーーごい違和感。。💦💦
ドキドキしちゃう。。。

これ、英語講師仲間にも聞いてみました👂
(私だけの感覚でなくて、ネイティブはどうなのか?一応チェックしないとね!)

オーストラリアのティーンエイジャー女子に聞いてくださった方がいて(その方の娘さん)
「男同士では言わない」とな。やはり。

ま、例外的に「おじいちゃんと孫」とか「おじさんと甥」とかなら言ってても不自然じゃないけどね
ということ。

つまり、とても「あまーーい」文なのですよ💛💛

男友達の間柄ではすごーーーく不自然なのです。はい。
(もし二人が恋人同士、または元恋人同士とかなら、納得💛)

だから常日頃から、日本語をそのまま英語にしちゃいけない!って言ってるんだから!
これ、日本で英語教えてる人でも、この違和感持たない方も、一定数いるのではないかな?

さあ、では、ここではなんと言えばよかったのか??
私ならこう言います。

I’m glad to talk to you!

話せて嬉しいよ=声が聞けて嬉しいよ

です!

電話を切るときは

I was glad talking to you!

話せてうれしかったよ=声が聞けて嬉しかったよ

glad は happy にしても、
I’m glad でなくて、 It’s niceにしても

とにかく ”your voice” は無いなあ。
私だったら友達同士でも使わない。。。

まあ、とてもスウィートな方なら使っても良しですが、talk to you /talk with you が無難です💡

まとめると

【今日のフレーズ】

I’m glad to talk to you.
It’s nice to talk with you again.
I was glad talking with you.
It was nice talking to you.

適宜変えたりして使ってね!

もしまた、ざわざわ英語を見つけたら、みなさまに報告します!
これって「ざわざわ英語」?かな?というみなさまからの通報もお待ちしていマス!

それでは!see you soon!

Yuri

3+

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA