英語学習において、発音は重要か?

みなさん、こんばんは。
東所沢にある、English Studio QUILT/英語スタジオ・キルト代表のYuriです。
Happy Monday! It’s going to be a great week!
早くも7月なってしまいましたね!はやーーい!

さて、今日は【英語学習において発音は重要か?】
という問いを皆さんに投げかけます。

そして、考える隙を与えず、すぐ答えます(こらー( `ー´)ノ)

結論から言うと YES!

私はそう思います。

まずは私の実体験からひとつ。

私は身長が低く、日本でも幼く見られるので、海外に行ったら大体ティーンエイジャーと勘違いされます。(それどころか小学生にも💦)
大学でも、大学院でも。もちろん高校も。学生って結構ラフな格好してるんですね。
大学のロゴの入ったTシャツと、ジーンズ、スニーカーみたいな。私も大学Tシャツ好きなので(このコレクションはいずれどこかでお見せしたい☺)こんな感じのラフな格好でキャンパスを歩いていました。

CANADA愛の強すぎる
” patriot” Yuri

そして教科書がほんとに大きい!Big!なんてもんじゃない!!分厚い!タウンページ並み!
で、いくつも授業があると、テキストだけで何キロになるのかしら。。。というレベル。テキスト持ち歩くために(今は便利なeBooksというのがあるね😀)登山家か!っていうリュックを背負って、コーヒー片手に持って、がお決まりのスタイル。
「リュックが歩いて来たよ~」とか言われる始末。

なので、前置き長いですが。(ごめんなさい🙇)
完全に子供に見られるんですね💦
大学の大講堂みたいな、教室へ入っていっても「このちびっこ何?」みたいな目で見られるわけです。
飛び級しちゃった子とか思われてたらカッコいいんですが。

でも、授業が始まって、先生が「誰かこれについて~」と意見を求められる時、あまり発言しないクラスもあるわけですね、外国と言えど。
そうしたら、なんかうずうずしてきて、先生かわいそうだなーとか思っちゃってちょっと発言とかしちゃうわけです。

そうすると授業終わった後、必ずと言っていいほど、誰かが声をかけてくれます。
「君どこから来たの?Where are you from?(何者?)」って。

ま、これじゃ暗に私の発音がいいですよ~って自慢してることになっちゃうけど。。。
でもね、発音はこだわって自分でしゃかりきに研究しました!!
高校留学時代の相棒・テレホンカードサイズの電子英和辞書に書いてあった謎の文字の解読に成功した16歳夏  in Canada (後に発音記号だったことが 判明)

同時代、英語の読み方には規則性がある!ことに気づき自分なりの法則を確立!
(後に、これを世間では「フォニックス」と呼ばれることを知るYuri・2017春→ここ最近まで知らないってどういうこと!)

話は戻って発音悪くは無かったと思うんです。
要はこの得体の知れないちびっこが、それなりに聞き取りやすい英語で話してるってことが「気になる」と思ってもらえたポイントなんだと思うんですね💡

悲しいかな、背が低いと、”文字通り” 彼らの眼中に入らないので、 存在を認識してもらえないことが多々あるんです😢

発音が良いことは「信頼感」に繋がる。話を聴くに値する、という信頼感。
信頼という言葉は大げさすぎるかもしれないけど、発音が良い人の方が、圧倒的に耳を傾けてもらえる。

第一に、話が聞き取りやすいので、無駄なエネルギーを使う必要がないから。「今何て言ったのかな?」「聞き間違い?」など余計な雑念が入ってしまうと、話に集中できないのが人ってもの。

例えば、観光とか、買い物するときに、発音はあまり重要ではないかもしれないですね。たどたどしかったとしても、なんか抑揚が変だったとしても、買いたいものが買えれば、どんなものが欲しいかわかれば、よし。

ただこれがビジネスシーンだったら、どうだろう?
例えば日本人でも、ぼそぼそ話す人と、ハキハキ話す人。どちらの話が聞きやすいか。もちろん、ぼそぼそ話す有能な人と、ハキハキ話すおっちょこちょいな人もいる。相手の人柄を知ったうえでは、発音や話し方などあまり重要でないかもしれない。
ただ!ここで話しているのは「第一印象」なのでございます✨
第一印象で、信頼を得るためにはやはり発音も重要なのである。

ということは、ここで導き出される答えは

発音は、英語において、 英語学習において、のみならず、コミュニケーションにおいて重要である

ということになる💡

これは、私の経験則から言えるひとつ。


もうひとつ、第二言語学習における知見から。

自分で発音できない音は聞き取ることができない、と、一般的に言われています。

例えばTOEICのリスニングパートが低く伸び悩んでいる、英語ネイティヴの先生が何を言ってるか、まったく聞き取れない!とお悩みの方、リスニング音源を聞きかじり「聞こえない!聞こえない!」と必死になっていませんか??

聞き取りだけでなく、見本音声を真似て発音してみましょう! 自分の声を録音して、何が違うか、研究だ!これを繰り返していると聞こえる音が確実に増えていきます💡(もちろん語彙もないとダメだけどね😉)

このことから、私はキルトで学んでいる人すべてに、すっごーーーく細かく発音の話をしています。大人も子どもも。きっと(もうわかった。 うるさいよ 😒) と内心思っている人が一定数いるだろう。。。

さて、現実問題、今から英語を頑張りたい大人はどうすべきか。
ひとつは、発音を捨て、それ以外を磨く。語彙、言い回し、表現力、もっと本質的な人間性やbusinessスキルなどを磨く。ただ、第一印象不利になってしまうこともあるだろう。それでも!それなりの才能、能力、地位そして、圧倒的な人間としての魅力があれば、発音の悪さはカバーできる。はい、本当に。むしろそんなもの、潔く捨ててしまってOK!

もし、社会的ステータスも高くなく、これと言った学歴があるわけでもなく、ビジネスセンスや人間的魅力に乏しいので。。。という方は、絶対発音は磨くべき!

私が良い例ですよ、みなさん。見た目小学生のちびっこが、話を聴いてもらえるきっかけとなったのは、発音もまず大きいであろう。(その後の中身がもちろん伴っていないとだめなのだが。。。きゃー🤸)

はい!そんな一般人な我々、ordinary peopleが発音を磨くには、発音にまつわる知識を得て 、効率的に最短距離を進もう!
私が留学時代にしてきたように、 ネイティヴの発音を真似して長期間かけて研究することもできます。
けれども!便利な時代!方法論はネットを探せばすぐ出てきますから!
あの時間なんだったの!って本当になりますからね。

ルールを知って方法を身につけて、たくさんたくさん練習を重ねるだけ!以上!

たくさん練習しないと!凝り固まった耳、口、舌、だけでなく頭も💦ほぐすことの方が我々大人には難しいかも、、しれません。。

「自分一人では、なにやったら良いのやら」と途方にくれたあなた!キルトではオンラインでも学習できます!どこにいても、何時でも! お気軽に LINEで連絡してみてくださーい!

月曜から長くてごめんなさい。
ではではまた!See you soon🎉

2+

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA