【留学】「ストライキ」ってなに?【カナダ】

こんばんは!
東所沢にある、English Studio QUILT/英語スタジオ・キルト代表のYuriです。

みなさまにご報告しなければならないことが。。。
先週金曜(7/3)の『消しゴム雑に扱われ事件:その背景に思いをはせる』で書いた
突然なくなった消しゴムですが、何と今日見つかりました!
ある子のフォルダに挟んであるノートに(どんだけ中!)挟まってました!結構書類が挟まっているので、厚めの消しゴムが挟まっていても気づかなかったんですね。。
とにかく悪意で消えていたのでなくて、良かったです!その子もわざとでもないし、全く気づかなかっただけだけど「ごめんね!」と言ってくれました!(美しい心の持ち主だわ)

さあて、話は飛びましたが。今日は水曜。

今週も【Yuri☆留学記:高校CANADA編】をお届けします!
まだ読んでいない方はこちらから↓シリーズです。どうぞ
6/12『「アイデンティティー」「個性」はどこにある?』
6/19『無知の旅、始まる!』
6/26『For here or to go?』
7/3『「鬼ごっこ」って英語でなんて言う?』

当時私がいた地域での移動は、もっぱら、バスでした!
TransLinkという名前の公共交通機関。バスと言ってもトロリーバスです↓

有難く拝借:Wikipediaさま

この電線みたいなものに、バスから伸びたアンテナみたいなものが常にくっついています。ここから電気を受け取って、モーターで走るようです💡日本ではこういう乗り物は「無軌条電車」と言って電車に分類されるみたいです。

バスの車内はこんな感じ↓降りたいバス停が近付いたら、日本ではボタン押しますよね?このバスは、紐を引きます。(なんとも原始的!今はもう全部ボタンなのかしら?)

有難く拝借その2:Wikipedia殿

で、このバスしか公共交通機関が無いと言っても過言ではない当時
「ストライキ」でバスが動いていない、と留学前から言われていたんです。
で、その当時、世間知らずだった、わたくしめは「ストライキ」って何でしょう?と思っていたわけであります。

そんなわけでバスが動かないので、登校には、所定のスクールバスに乗りなさい!とのお達しがありました。
スクールバスと言っても、そんなに大きくないこのくらいのバスで↓
(おそらく30人乗りくらい?)

拝借:アリガトウNelson

最寄りの家から2分ほどのバス停にとまる!とのことだったので、前日にはホストマザーとバス停の下見なんかをして胸を躍らせていたわけでありました。

そして初日。
のんきにバス停に向かって歩いていました。
時間ぎりぎりでもなかったと記憶しているんだけど、バス停を目の前にし、黄色いバスらしきものが通過。
ただ、それがうちの学校のバスかどうかもわかっていなくて💦
当時わたしの中で「スクールバスといえばコレでしょ」っていうのが下記の様な。。。

いわゆる日本の公共バスもこれだよね

なので、完全に見過ごしてしまったのです!
当時のバスの運転手さんも、私が生徒だとはまったくわからず
(もちろん、制服も何もないですからね。)
一応停まったんだけど、わたくしめが乗らないもんだから、行ってしまい。(あたりまえよね、乗らないんだから)

初日から遅刻!なんってこった!

はい、公共のバスが無いとなると、どうやって行けば良いのかしら!?
当時は今みたいに便利なグーグルマップもなし!
タクシー乗るにも乗り方わからない!呼び方もわからない!
Oh NOoooo!

そこで「困った時には連絡してね」と教えてもらった現地のコーディネーターさんの連絡先、たしか手帳に書いたよな!と思いだし。
当時使っていたきかんしゃトーマスの手帳をペラペラとめくり。(なんでトーマスだったんだろ。女子高生の趣味じゃないね。)

家に逆戻りして連絡。。
(この時点で家の人はみんな出かけていたので、誰一人おりません。)

「おはようございます!はじめまして~わたしは~ゆりと申しますが。。。」

コーディネーターのXinXin(シンシン)。中国系カナダ人でなぜか日本語ペラペラ!
「わー!ユリー!連絡ありがとう!カナダの生活はどう?楽しんでる~?」

ゆ「す。。。すみません。お話したいのはやまやまですが・・・。学校のバスを乗り過ごしてしまいました。。。どうしたら良いでしょうか。困りました😿」


シ「Wow! それは困ったわね。今どこにいる?そこまで行くからちょっと待ってて!」

優しすぎる super very kind XinXinが、出勤前に寄ってくれて、学校まで送ってくれました!!(家から学校まで、車で20~30分程度)

学校までの道中


シ「ユリ、大変だったね。今ここではStrike(ストゥライッ)で、バスが動いてないのよ~」

ゆ「Strike?あの~Strikeってなんですか?」

シ「?あー。Strikeはね、働いている人が、働き方や待遇とか、会社に対して不満がある時にするの。要求を通してもらうために、働かないで抗議するのよ~。初めて聞く?」

ゆ「へーー。そうだったんですね。なんとなく聞いたことはあるんですが。日本ではボイコットっていうんですかね?クラスで先生をボイコットとかは、あるけど💦(コラ)会社とかではあまりないので。ピンときませんでした。」

そうこう言っているうちに、到着。シンシンのおかげで、なんとか初日から遅刻は免れました💦(でも教室で、既にみんな着席してた!💦)


その時は「へーStrikeかー。」くらいにしか思っていなかったが、これがのちに大きな問題の火種となることを、まだ知る由もなかった。。。

次回へつづく

3+

東所沢の英語教室なら英語スタジオ・キルト

【無料体験レッスン・カウンセリング随時受付中】

★子ども英語プレゼンテーション
★大人のための英語学習コンサルティング
★TOEIC®スコアUPプログラム

お気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

逃げ場を増やそう

次の記事

副業も本業